2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2014.03.15 (Sat)

実録!1分でわかる!!あさ~い豚汁の唄、製作秘話!!

たまには僕のお部屋をご紹介します。



・・・ウソですw

3月15日に向けて、仕込みのどうでもいい舞台裏をご紹介いたしましょう。


地道に続けていた生ライブをまとめたCD、その名も「豚汁の唄コレクション」
年明けあたりからオケを本格的に制作しつつ、使えるものはそのままONAIRでも使いました。

最近の打ち込み音源の質は、本物かどうか聞き分けるのが難しいほどに、進化してます。

生でしか再現不可能なドラムの音や、ベースなどの弦楽器、オーケストラからブラスセッションまで、90年代の一世を風靡した打ち込みミュージックでは、到底考えられないほどの圧倒的なライブラリー。
これには、何よりパソコンの性能が飛躍的に上がり続けていることが、大きなウエイトをしめています。

たとえば、KONTACT5という音源は、各種音色のライブラリーだけでも48ギガ必要、さらにはそれらを集めたKOMPLET9は完全インストールに250ギガと、かなりの膨大なライブラリーとなってます。


容量が増え、リアルになればなるほど、打ち込みにテクニックが必要になります。これは少しづつ経験していくしかありません。 たとえばギターを録音ではなく、打ち込みにした場合、「キュッ」ていう弦を移動した際のノイズや、タイミングビタすぎると不自然に聞こえたりと、いわゆる”人間らしさ”を出すのにいろんなテクニックが存在します。
それらを駆使し、あくまで自己流に打ち込みオケをつくっていきます。

・・・話が長くなりそうなので、打ち込みの話はこれくらいにしておいて、実際のCD製作風景↓
R0018015.jpg
防止に手袋、これは髪の毛一本、指紋さえつかないよう、まるでISO取得を目指すかの神経質さw

もくもくと、今回は200枚用意。


からの、完成ドヤ顔!!
R0018019.jpg
一生懸命顔をつくりましたが、疲れをかくすテクニックはまだ、持ち合わせていませんでしたww



いかがでしたか?
で、タイトルの1分で伝えるのは、到底無理でした。


DJ-KATSUYA
スポンサーサイト
10:26  |  DJ日記  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。